【仮想通貨決済アプリ開発】高校生きゃんたのプロジェクト

すごいクソガキに投資してみた


0.png
※画像はTwitterから拝借しました。本人了解済みです。

CAMP FIREというサイトは以前から知っていました。

私の場合、職務上はこうしたことに触れ合うことがまずないので、個人的にいくつかのサイトを見て情報収集?的なことをしています。
Fintechと呼ばれる分野は自分で動かないと世間の流れについていけないんですよね・・・。

それで1月後半だったと思いますが、ふとしたきっかけでこのプロジェクトを知りました。

簡単に決済できる仮想通貨支払いアプリを開発したいというものです。

仮想通貨支払いアプリで日本の決済をスマートに!
1.png

仮想通貨決済が流行る条件


もちろんアプリのウォレットは各通貨ごとにあります。
私もNEMのNanoWalletとかMONAのもにゃとか、スマホにはいろいろ入っています。

でももうこの時点で不便なんだということに、仮想通貨の開発の方には気付いてもらいたいです。
(自分で作れもしないのに文句だけ言ってほんとすいません、でも不便なのは本当なんです)

私が「まずはこうなるだろうな」と考える仮想通貨の未来は、
Changellyみたいなサービスでどんな通貨でも円換算で仮想通貨の支払いができる
そんなアプリが流行ると考えています。

店側の「300円です」に対して、客側は「今はMONAが上がってるからMONAで払うのが得だな」と判断してMONAで300円を払う。

この時、店側に面倒くささがあったら、店側は仮想通貨での支払いを受けたくありません。
客側はMONAしか持ってないのにNEMなら使えます、みたいな状態では仮想通貨での決済に頼ることができません。

逆に言えば、
条件1:店側が面倒くさくなく仮想通貨での支払いを受けられること。
条件2:客側は持っている仮想通貨の中から一番お得な通貨で支払うことができること。


この2つがそろうとWin-Winになるので、ちゃんと仮想通貨の決済が流行り始めると思うのです。

今すでに始まっている「ヨドバシでBTCが使える」とかは、「使えるだけ」であって「使いたくなる」ものではありませんよね。

はじめてパトロンになった


軽くdisってからで恐縮ですが、私は私で、仮想通貨の可能性を信じている一人なわけです。

その可能性を広げるための一助になればと思い、きゃんたくんに投資するためにCAMP FIREでアカウントを作り、即日パトロンになりました。

私自身は本当に公務員ですので、私が何か経営して店舗で決済を導入するなんてことはできません。

しかし実家は親父が弁当屋をしているので、ITに疎い私の親父でも使える(同時にお客さんでも使える)ものでないと、やはり流行らないと思うんです。

スマホも使いこなせない親父にとって、仮想通貨なんて未知すぎて怖いもの以外のなんでもありません。

でもだからこそ、そんな人達でも簡単に使えるアプリを作ってほしいと思い、パトロンになることを決めました。

きゃんたくんてどんな人?


プロジェクトを知ってからパトロンになるまで約3週間。

きゃんたくんのTwitterをこっそりフォローし、ブログを覗き、・・・って書いてみるとストーカーみたいですね(汗

まぁ人柄というか、キャラというか、一応投資対象なのでできるだけ吟味したかったんです。
(とりあえず女の子じゃなくてちょっとほっとしてます。吟味とかマジで変態です。)

本人がプロフィールにも書いてたりすることと重複しますが、
●高3
●DMMアカデミー3期生
●最近はMONAにご執心






●高校生らしくおっぱいが好物




この辺までだと相当やばいやつにしか見えないですね・・・。
まともなところもちゃんとあります。

●案外謙虚




30万の支援にちゃんと感謝してくれるところはもちろんいい子なんですが、200万必要なプロジェクトの8割以上を自腹でいく気なところが中々高校生ばなれしてると思いませんか。

現在は40万ちょっと越えて支援額が集まっていますが、実際にはまだまだ足りないということですね。

何が決め手になったのか


直感です(笑

強いて言えば自分と同じ発想をした人が、行動に移していたから応援したくなった、といったところでしょうか。

私はきゃんたくんとは会ったことがないですし、都内ですが都内じゃないので中々実際に会う機会もないかと思います。

でもなんというか、「信用できそう」って感じがするんですよね。

普段ふざけたツイートばっかりしてますけど、締めるところはちゃんと締めていると思います。

あとはなんというか、周りの大人達の「きゃんたくんを育てよう」という気持ちがツイートなどから見え隠れしているんですよね。

なので私一人で信頼の判断をしたわけではなく、きゃんたくんの周りの大人達の「きゃんたくんへの信頼」で判断した、という結論ですね。

私のブログはニュースサイトじゃない(というかニュースサイトは時間がないので無理です)ので、書いている記事は多くが「長く読んでもらえる」ものを題材にしているつもりです。

今回あえてきゃんたくんのプロジェクトを題材にしたのは、多分、数年後には今より少し大物になっていると思ってるからです。

この記事は今後修正せず残しておき、今この瞬間の私の判断が正しかったことを数年後に証明してくれることを祈ります。

最後に


CAMP FIREでのプロジェクトは無事達成できたようですね。

2.png

これからのきゃんたくんに期待しています!



コメント
コメントする