【ブロガー必見!ALISが買える取引所】CoinExchangeの特徴

他の取引所とはココが違う!


0.jpg

この記事ではCoinExchangeの特徴について解説します。

CoinExchangeのアカウントを持っていない方は先にこちらを。
 → CoinExchangeの新規登録手順


ではまずCoinExchangeを開きます。

200x45_coinexchange_logo.jpg


サイトを開いたらログインします。

1.jpg


国内の取引所などではアカウントとしてメールアドレスを使いますが、CoinExchangeではユーザー名を使います。

パスワードは自分で設定したものを入力してください。

I'm not a robotもチェックを入れてください。
テストが出ると手間ですが、セキュリティ対策なんだと諦めて画像をポチポチします。

2.jpg


前の記事のとおり2段階認証を設定していれば、ログインするとGoogle Authenticator(2段階認証)を求められますので、スマホのアプリを起動して6ケタの数字を入力します。

3.jpg


DOGE/ドージコインが基軸通貨に採用されている


4.png

他でも採用されているかもしれませんが、私が口座開設している取引所では唯一DOGEが基軸通貨で採用されている取引所になります。

他にもETH、ETC、LTCが基軸通貨として採用されており、BTCの送金手数料が非常に高かった頃でも送金しやすく、草コインを買うのがスムーズでした。

手数料はやや割高の0.15%


5.png

国内の取引所なんかでもだいたい0.1%が相場の所、1.5倍の0.15%かかります。
しかも売りも買いもかかるため、往復で0.3%かかることになります。

ここについてはちょっと割高感は否めませんね。

通貨の情報にアクセスしやすい


6.png

各通貨の取引板の下に通貨の基本的なリンクが載っているので、新しいコインを知った時なんかは案外重宝しています。

ALISが買えます


7.png

日本発祥のICOでALISというのがあるのですが、現時点だとまだ買える取引所が限られています。

そんな中CoinExchangeはALISが買える数少ない取引所の一つなんです(というか私はALISを買うために登録しました)。

特におすすめするわけではないのですが、複数の取引所に登録するメリットの一つということで、こうした通貨もあるということを紹介しておきます。

アプリについて


CoinExchangeのアプリがありますが、こちらは使い勝手がよくない・・・というかブラウザの画面をアプリ経由にしているだけ・・・。

むしろブラウザで見た方がまだ慣れてていいかもしれないと思います。

一応通知がきたりとかもするので、インストールするのは全くの無意味、ってことでもないんですけど。

個人的な総評


手数料も高いですし、日本語対応してませんし、アプリも使いづらい。

紹介しておいてなんですがあまりいいところがありませんね(汗

でもまぁBinanceほどではないにせよ、扱う通貨の種類は豊富なので、登録しておいて損てことないかな・・・という感じです。


ということでこの記事読んで(誰が登録するのか・・・と思いますが)登録してみよう!と思った方はこちらの記事をどうぞー。

CoinExchangeのアカウント登録についてはこちらを。
 → CoinExchangeの新規登録手順

サイトへのリンクも貼っておきますね。
200x45_coinexchange_logo.jpg



コメント
コメントする